スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
おもいっきりテレビのキャベツダイエット!

キャベツダイエット法が最近注目されています。キャベツダイエット法とは、おもいッきりテレビで名古屋大学付属病院循環器内科医師の簗瀬正伸氏が実践したダイエット方法です。自ら実践したその効果は、何と3ヶ月で27キロ痩せたといいます。3ヶ月で27キロですので、単純計算で1ヶ月約9キロのダイエット効果です。食べながら痩せたい人にはお勧めの方法です。
最近、キャベツダイエット法をテレビや雑誌でよく目にします。キャベツダイエット法とは、簡単にいうと、食事の前に一定の量のキャベツを食べることで、咀嚼回数を増やして満腹中枢を刺激します。その結果、その後の食事量が少なくても満腹感が得られるという方法です。名古屋大学付属病院循環器内科医師の簗瀬正伸氏が実践したダイエット方法です。
このごろ、キャベツダイエット法が大変効果があるみたい!」というウワサを耳にします。テレビでも紹介されましたので、知っている人も多いのではないかと思います。簡単で効果バツグン、という評価のようですね。これなら自分もやれるのでは?と思わせてくれるダイエット法だと思います。何しろ、どこにでも売っているキャベツを食べるだけですから。
キャベツダイエット法がブームのようです。キャベツダイエット法とは、食事の前にキャベツを食べてお腹をある程度満たすという、だれにでもできるダイエット法です。いままで、いろんなダイエットに挑戦して、失敗した方でもやり方を工夫すれば、ダイエットに成功する可能性が極めて高いダイエット法です。
近頃、キャベツダイエット法が「おもいっきりテレビ」で放映されてから、HOTな話題となっているようです。「キャベツダイエット法で○○垳採未棒功しました!」という実例があちこちで紹介されています。キャベツがカラダに良いことは、前からいわれていますのであなたもキャベツを使ったダイエット法にチャレンジしてみませんか?
-----------------------------------------------------------------
さて、キャベツダイエットの良さですが、まずそのお手軽さにあります。また、値段もそんなにしませんのでお金があまりかかりません。キャベツは、私たちが日常、普通に口にしている野菜ですので、誰にでも食べやすく、無理なく長く続けられることがメリットといえます。しかもキャベツはビタミンCが豊富に含まれていますので、ダイエット中の悩みとなる肌のたるみ、しわを防いで、便秘も解消してくれます。
このキャベツダイエットのメリットは、値段が安く、普段食べている野菜ですので、誰でも無理なくできることでしょう。そのうえ、キャベツはビタミンCを豊富に含むため、ダイエット中の副作用である肌のトラブルも抑えてくれますので、大変好まれます。さらに、便秘も解消してくれるといいますから、キャベツダイエットは大変優れたダイエット法といえます。
話題のキャベツダイエットの利点は、簡単で、お金がかからず、なじみのある野菜ですので、誰でも抵抗なくダイエットできることです。しかも、キャベツに含まれるイソチオシアネートやビタミンUには、抗ガン効果や胃腸の回復効果もありますので、健康なカラダのためにも大変すぐれたダイエット法なのです。
なにがキャベツダイエットの良いところかと言いますと、お手軽で経済的ということがあげられます。いつも食べている野菜ですので、無理なく誰でもダイエットにチャレンジできます。さらに、キャベツは、抗がんの効果や食物繊維が豊富で胃腸の調子を整える効果もありますので、ダイエットと健康なカラダの両方にメリットのあるダイエット法です。
次にキャベツダイエットのポイントですが、キャベツはビタミンCを豊富に含んでいるため、ダイエット中の頭痛のタネである肌の荒れなどのトラブルも防止し、また、ビタミンUやイソチオシアネートは、抗ガンと胃腸回復の効果がありますので、健康のためにも大変よいダイエット法といえます。おまけに、キャベツダイエットは簡単で、価格も安い、ということでダイエットを始めるにはもってこいの方法です。
-----------------------------------------------------------------
具体的なキャベツダイエットのやり方は、毎食または朝と夜などの食事の前に、キャベツ6分の1を生で食べます。食べるときは20回以上よく噛んで食べます。歯の弱い人は、レンジで加熱してから食べてかまいません。飽きてきたら、キャベツに他の野菜(レタス・大根・にんじん・きゅうりなど)を加えて食べるとよいでしょう。
模範的なキャベツダイエットとは、キャベツ6/1を毎食または朝食と夕食時の前に、20回以上よく噛んで食べるというものです。キャベツは生で適当に切って、それにレモン果汁を加えるとさらにキャベツダイエットの効果が高まるそうです。キャベツだけのダイエットに飽きてきたら、きゅうり・トマトなど、いろんな野菜を加えるように工夫してみましょう。
例をあげてキャベツダイエットを説明しましょう。京都市立病院の吉田俊秀医師が推薦する方法が有名です。その方法とは、生のキャベツを1/6玉程度ザク切り(5センチ角)にしたものを、毎食前に10分程度、時間をかけて良くかんで食べます。主食は軽めにして(通常の2/3程度)、毎食茶わん1杯が基本です。おやつは、にぎりこぶしの大きさの果物2個までとします。
京都市立病院の吉田俊秀医師が推薦するキャベツダイエット法が有名な方法です。生のキャベツを1/6玉程度、5センチ角にザク切りしたものを、毎食前に10分くらいかけて良く咀嚼して食べるという方法です。主食は軽く毎食茶わん1杯が基本ですが、ごはん1杯の代わりに、うどん一玉、ビール500ml、ワイン200mlなどに置き換えてもOKです。おやつは、果物をにぎりこぶしの大きさの2個までとします。
実際のキャベツダイエット法とは、キャベツ6/1個を毎食または朝食と夕食時の前に、10分間よく噛んで食べます。キャベツは生でザク切りにし、それにレモン果汁を加えるとさらにキャベツダイエットの効果が高まるそうです。あるいは、キャベツの上に納豆をかけて食べると納豆の栄養とキャベツの食物繊維がダイエットには相性抜群だそうです。
-----------------------------------------------------------------
キャベツダイエットでは、1日70グラムのたんぱく質を必ずとりましょう。(例:牛乳200ml+卵1個+豆腐半丁+魚80g+肉80g)。食べる量はキャベツと合わせて腹八分目とします。キャベツは千切りではなくザク切りにして生で食べる方が効果的とのこと。また、キャベツは味付けをしないのがベストですが、しょうゆ、ソース、レモン汁、酢、塩、胡椒、ポン酢、ノンオイルドレッシングなどは使ってかまいません。マヨネーズや油の入ったドレッシングはカロリーが高いのでダメです。
キャベツダイエット法はキャベツだけ食べるダイエット法でありません。たんぱく質を必ず1日70グラム摂りましょう。(例:牛乳200ml+卵1個+豆腐半丁+魚80g+肉80g)。食べる量はキャベツも入れて腹八分目にします。キャベツはザク切りにして生で食べる方が効果的とのことです。また、キャベツは味付けをしませんが、しょうゆ、ソース、レモン汁、酢、ノンオイルドレッシングなどは使ってもOKです。マヨネーズや油の入ったドレッシングはカロリーの取り過ぎになるのでやめましょう。
キャベツダイエットの注意点ですが、1日70グラムのたんぱく質を必ずとることを忘れないでください。(例:牛乳200ml+卵1個+豆腐半丁+魚80g)。キャベツはレタス、キュウリ、トマト、セロリなど他の野菜と置き換えてもかまいません。ただし、きのこ類との置き換えはダメです。豆腐は一日半丁までとします。味付けに砂糖や油は使わない。お酒はできるだけ控えて、タバコはやめましょう。
キャベツダイエットでは、たんぱく質を1日70グラムの必ず摂ルことがポイントになります。(例:牛乳200ml+卵1個+豆腐半丁+魚80g)。キャベツはレタス、キュウリ、トマト、セロリなど他の野菜に換えてもかまいません。キャベツの味付けに砂糖や油は使わないようにします。豆腐は一日半丁までとしてください。お酒はできるだけ控えて、タバコもやめるのがベターです。
キャベツダイエットを行う際には、1日にたんぱく質を70グラム必ずとるように心がけましょう。(例:牛乳200ml+卵1個+豆腐半丁+魚80g+肉80g)。食べる量はキャベツと合わせて腹八分目としましょう。キャベツはザク切りにして生で食べる方が効果的です。また、キャベツは味付けをしないで食べますが、しょうゆ、ソース、レモン汁、酢、塩、ポン酢、ノンオイルドレッシングなどは使用可です。マヨネーズや油の入ったドレッシングはカロリー過多になりますのでとらないようにします。
-----------------------------------------------------------------
posted by: マリー | キャベツダイエット | 14:46 | comments(0) | trackbacks(0) |-